京阪宇治駅前 駿河屋について | ご注文について | 店舗地図 | リンク | TOPページ 
<6月30日はみなづき(水無月)の日 【夏越の祓い】 無病息災を祈願>
みなづきの三角形は氷室の氷を表しており、6月30日に氷室の氷を口にすると夏痩せをしないと古くから言われています。氷室とは、自然の貯蔵庫のことで、高貴な方が夏の間に食べる氷を貯えていたと云われるものです。しかしながら、当時その氷を庶民が口にすることは難しかった為、氷になぞらえた「ういろう」(みなづき)を食べて暑さをしのいだという説が残っているのです。尚、「小豆」を上にのせるのには魔除けの意味があります。
また神社においては、夏の疫病・水の災厄を除くための禊(みそぎ)が行われたとされ、この事を「水無月の祓い」【夏越(なごし)の祓い】と言ったという説が残っています。
そこで京都では6月30日は「みなづきの日」としてそれを食べる風習が残っているのです。ぜひこの機会に「みなづき」をご賞味ください。
6月30日は普段作っております抹茶・白・ニッキに加えて、
【夏越の祓い限定 うぐいす水無月】(白ういろうにうぐいす豆をのせたもの:右写真)もご用意致します。
※ お客様各位
当日は例年おかげさまで多くのお客様にご来店いただきまして大変ありがたく存じます。
ご来店時の混雑状況によりお客様を若干お待たせする場合がございますが、ご了承頂きますようお願い申し上げます。
また、前日までにご注文をお請けすることもできますので、どうぞご利用ください。
良質な米粉から作ったういろうの上に大納言小豆をのせた「みなづき」は、茶だんごと並ぶ当店の定番商品でございます。もちもちとした食感が特徴で冷やしていただくとより一層おいしくなります。宇治茶とともに召し上がっていただきたい一品でございます。お味は、抹茶・白・ニッキ(シナモン)の三種類をご用意しております。
6月30日は【夏越の祓い限定 うぐいす水無月】をご用意しております。是非ご賞味くださいませ。
■ 価格 1個 170円〜
(ばら売りは店頭販売のみ・発送不可)
6個入 1020円 (箱入)
8個入 1360円 (箱入)
12個入 2040円 (箱入)
京阪宇治駅前 駿河屋
〒611-0021 京都府宇治市宇治東内16
TEL (0774)23-8191  FAX (0774)23-5114  E-mail info@chadango.jp